IPL(フォトフェイシャル)の危険

はじめてフォトフェイシャルをする方の不安を解消します。 - フォトフェイシャルの注意点は?

フォトフェイシャルの注意点は?

フォトフェイシャルという治療方法ですが、これはレーザーよりも優しい光を使っている治療方法ですから安全で失敗することはほとんどないとされているのですが、全くないというわけではありませんから、これから受ける人は注意点をよく理解しておいたほうがいいでしょう。施術を受けてから肌トラブルになってしまってがっかりすることがないように治療まえに把握しておく必要があります。
YouTube Preview Image
フォトフェイシャルは誰でも受けることが出来るというわけではないのです。フォトフェイシャルをやめておいたほうがいい人というのがいますので、覚えておきましょう。医療機関で受ける前に必ず確認を受けるとは思いますが注意しましょう。まず極度の日焼けをしている人です。日焼けは肌のやけどと同じですので、やけどした皮膚にはいくら光が優しいフォトフェイシャルとは言っても受けてはいけないのです。
ebscodoc1
そして光や日光に対してアレルギーを持っている人です。希にいますので、確認しておきましょう。そしててんかんの持病を抱えている人も医師に相談しましょう。光を受けることで発作につながることがあるので相談が必要です。

そして心臓病や糖尿病の持病を抱えているという人、アルコール中毒を抱えている人、妊娠している人、妊娠しているかもしれない人も注意が必要ですし、極力この時期は避けたほうがいいでしょう。治療をしてからしばらくは光の影響を受けやすいですから、レーザー治療を受けた後と同様に注意したほうがいい点があります。それは日焼けをしてはいけないことです。日焼け止めを塗ることはもちろん、帽子をかぶったり、日傘をさしたりして、日焼けしないように紫外線予防を注意しましょう。長時間直射日光にあたってはいえませんし、万が一日にあたってしまって、かさぶたが出来てしまったというのであればそのかさぶたは、無理にはがしてはいけません。自然に剥がれるまで待ちましょう。注意点を守って安全に受けたいですね。

フォトフェイシャルに失敗はあるの?

フォトフェイシャルを受けるにあたって心配なこととして、失敗というのはあるのかという点ではないでしょうか。フォトフェイシャルは医療機関やクリニックで受けることになりますが、受けることが可能な場所は色々とあります。それぞれに特徴があって、使っているフォトフェイシャルの機械も違いますし、料金も違います。施術をしてくれる医師の実績も技術も違いますから慎重に選ぶ必要があります。せっかく肌トラブルや肌の悩みを改善させるためにフォトフェイシャルを受けようと思っていたのに失敗してしまっていたのでは意味がありません。フォトフェイシャル 広尾プライム皮膚科やクリニックを選ぶ際は妥協したり面倒に思ったりするのではなくて、しっかり考えて選びましょう。
ebscodoc2
フォトフェイシャル、これは光の種類がレーザーに比べるととても優しくて肌への負担やダメージがないことでも知られているので、失敗することはないと思っているかもしれませんが、照射する光の出力は人によって違います。Aさんには10という力でちょうど良かったかもしれませんが、Bさんの肌には10は強すぎるかもしれません。このように出力がその人の肌にあっていなければ肌トラブルを起こしたり炎症、やけどを引き起こすこともあります。強ければこうして炎症やトラブルになりますが、逆に、弱かった場合にはどうなるでしょうか。もし弱かった場合には、せっかくあてているのに十分な効果を得ることができませんので、それでは時間もお金も無駄にしていることになります。

光の当て方はもちろん、出力の強度、治療をする肌トラブルや肌の悩みをよく知ってもらった上で、それぞれに合う治療を受けるためにもフォトフェイシャルの機器をきちんと設定して実績がある医療機関、医師、技術者の治療を受けることがフォトフェイシャルの失敗を防ぐことにつながります。いい医療機関を見つけるためには、フォトフェイシャルを実際に受けたことがある人のクチコミを評判を参考にすることがとても効果的です。

新着情報

◆2014/09/01
フォトフェイシャルの注意点は?の情報を更新しました。
◆2014/08/28
当サイトの運営者情報はこちらを新規投稿しました。
◆2014/08/27
フォトフェイシャルの種類の情報を更新しました。
◆2014/08/27
フォトフェイシャルには効果はあるの?の情報を更新しました。
◆2014/08/27
フォトフェイシャルとレーザーの違いはの情報を更新しました。